居酒屋を利用する人の中には幾つかのお店を梯子する人がいます。梯子する理由は様々ではありますが、お店によっては2時間までと言ったケースが有るからなのです。お店の開店率を高める目的において、居酒屋店の中には入店から2時間や3時間までと制限が設けられている事が在ります。これは、2時間の中で食べたり飲んだりすることで満足が得られるため、以降の時間は料理やお酒の注文数が激減するからなのです。

お酒が好きな人はひたすらお酒を飲むだけと言う人もいますが、お酒と料理を味わいたい人はお腹が満たされれば以降の注文はあまりしなくなります。そしてその時間が2時間前後だと言われているのです。しかし、中には2時間を過ぎてもお酒を飲みたい、お酒に合う料理を味わいたいと言う人もいますし、会話が盛り上がっているので2軒目に行こうと言うグループもあるわけです。そのため、梯子をする人も多くいますし、中にはお店の雰囲気に飽きてしまったため、別のお店に行くと言う意味で梯子をすると言うケースも多く在ります。

尚、居酒屋1軒目と言うのはお腹も空いているため、料理の注文数は多くなり、酒も進みますので、お店側は利益に結びつくことになります。しかし、ある程度食べたり飲んだりすることで満足感を得られるため、以降の注文は居酒屋店に入って来た時と比べるとペースが落ちてしまうので、利益が少なくなるため、2時間や3時間と言った制限を設けているわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です