食品は毎日の食事に欠かせない物品ですが、長時間放置すると風味が低下し、細菌が繁殖して腐敗してしまいます。特に市販の食品は家庭での保管は短期間であることを前提に作られている物が多いので、大量に購入した場合は劣化を防ぐための工夫が不可欠です。食品を家庭で保管する場合、冷蔵庫を使用するのが最も一般的な方法です。冷蔵庫は低温な状態を長時間維持することが出来る機器なので様々な食品に対応できる利点がありますが、その一方で乾燥しやすく風味が落ちやすい欠点もあります。

また、腐敗の原因になる細菌は冷蔵庫の低温でも活動するので、あくまで常温よりも品質の劣化が進みにくいと認識することが大切です。同様に家庭用の冷凍庫も水分を凍結させることで品質の劣化を遅らせる効果がある反面、表面が乾燥する冷凍焼けの状態になってしまう点を注意します。調味料や干物など、一部の食品は常温で保管する物がありますが、高温多湿の環境で放置すると著しく劣化するので慎重に扱うように心がけます。特に素手で触った部分には皮脂などの汚れや細菌が付着していることから、速やかに調理することが安全性を維持するための心得です。

変色やカビなどの異常が確認された場合はすぐに廃棄して周囲の汚れを除去します。腐敗によって細菌から有害物質が発生しているため、外観上の異常が見られない部分も汚染されているので絶対に摂取しないことが健康被害を防ぐための重要な条件になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です