2020年の東京オリンピックに向けて、日本の観光事業は大きく飛躍しようとしています。特別なことはするべきでない、日本は日本らしくおもてなしの文化を極めればよいという意見がありますが、やはりオリンピックは一大イベントですからこのチャンスを活かしたいものです。なかでも居酒屋は外国人観光客を引き込める大きなチャンスとみています。外国人が好みそうなメニューを考えるというよりも、日本らしいメニューを出すことで日本という国を満喫してもらうようです。

日本への観光客の多くは、海外進出している日本食の居酒屋の影響もあり、しっかりと日本食を味わっています。ここ数年でのブームは枝豆だそうで、日本人にはなじみ深い「おつまみ」がとてもヘルシーで手が止まらないと評判です。日本で豪勢な食事をするのも良いですが、最近は安くて美味しい居酒屋メニューを楽しみたいという外国人観光客が多いため、日本食をもっと知ってもらうチャンスでもあります。お箸の文化だけでなく、外国人は日本の居酒屋を雰囲気がとても好きだともいわれています。

機敏に動き回る店員や、独特の掛け声の他、箸置きや調味料を見るだけでもとても喜びます。日本人には特別なことは何もないのですが、外国人観光客には料理が出てくる早さや「とりあえずビール」という文化も日本そのものなのです。外国人観光客に日本の居酒屋の雰囲気を味わってもらうために何をすればよいのか、おもてなしの心で考えたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です