少人数の会食で人気があるのが鉄板焼きディナーで、日本人はおろか外国人にも好評になっています。カウンターに座り、目の前の鉄板でコックが和牛肉、伊勢エビ、イカ、アワビ、野菜などを焼いて皿に載せてくれますから、焼きたての旨さを堪能出来ます。店によっては、コックが調理道具や胡椒入れなどを振り回す曲芸を魅せてくれますが、これは外人には大受けで、接待の会食としては最高の選択になります。鉄板焼きのメニューで一番人気はやはり和牛で、日本独特の柔らかい霜降り肉が最高です。

神戸牛は世界的に有名で、値段は高いですが人気も一番、最も食べてみたいランキングの一位になってます。素材が焼き上がるまでの間、会話をしながら待てるので、メニューとしても適しています。炭火を使った鉄板焼きなら、中まで十分に熱が伝わりますから、家庭で行う鉄板焼きとは大違いです。東京の有名な鉄板焼きのお店はおよそ160軒もあり、比較サイトでは人気ランキングまで掲載されています。

カウンター席だけでなくテーブル席もあるお店がありますから、多少人数が多くても融通が利きます。一人当たりの価格は高級店ですとお一人1万円以上も掛かりますが、人気があるのは4000-5000円クラスのお店です。最近はベジタリアンも増えていますが、野菜だけのメニューもOKというお店も有ります。予約が必要なお店も多いので、事前にチェックして時間予約をしておけば、安心して会食が可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です