お中元の季節がやってきました。「もうすでに、準備してあるわ。」という方も、「毎年、同じもので済ませてるし。」という方も、改めてお中元マナーを見直してみませんか。

何を送ったら良いか、迷ってしまう。という時には、「ギフトカタログ」という便利なものもありますが、同じ郵送であれば相手のことを思い、気持ちを込めて選んだギフトが届けば、きっと人間関係が良好に広がっていくでしょう。お中元は人によっては、数十個も届く人もいます。その中で、定番でありながらも、「おっ。

」と思わせるギフトを贈りたいものですね。ポイントは、目新しい物(期間限定や地域限定などのレアな商品)やワンランク上の逸品なんかは、押さえておきたいところです。個性をだすことばかりに気をとられて、風変わりな物を贈ってしまっては逆効果です。定番のジャンルを押さえつつ、相手の家族構成や年齢、好みを考慮して気遣いも忘れずに。

価格帯はだいたい、3000円~5000円が目安です。ではふいに、お中元が届いた場合はどうすればいいでしょう。お中元のお返しは不要ですが、その分できるだけ俊敏にきめ細やかな気遣で、お礼状を送りましょう。色々なパターンがあると思いますが、まず仕事関係の方ですと、封書で3日以内には送るようにします。

お礼の言葉は手書きで、こだわったレターセットを使えば、相手の心に残るものになるでしょう。他に、義理のご両親から頂いた場合。まずは電話でお礼の言葉を伝え、後日封書のお礼状を送るのがベストです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です